かいぼーの全力和訳blog

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWN1 和訳と解説 LESSON3-2 単語リストや文構造など授業の予復習の為のページ

f:id:bio19base:20190615132425g:plain

 

高校1年生向け英語の教科書CROWN1『CROWN English Communication I』のLesson3-2 の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

 

CROWN1 Lesson3-2 の本文和訳・単語・解説

 

Lesson 3   

  A Canoe Is an Island

 

Lesson 3-2

 

[1] 私は大学を卒業した後、海洋生態学を学びにハワイ大学へ留学した。

・ecology「(名)生態学

 

[2] 私はホクレア号を見に行った。

 

[3] 彼女(ホクレア号)は長い航海から帰ってきていた。

・voyage「(名)航海旅行記」 

※この文章ではホクレア号のことを代名詞sheで表現している

 

 

 

[4] 私は次の航海の為のホクレア号の修理に参加し始めた。

・participate「(動)参加する関係する

・repair「(動)修理する賠償する

 

[5] 船員の一員となるために訓練に参加した。

part of ~~の一部部分


[6] 私は伝統的な航海術とハワイの文化について学んだ。

【文構造】

 traditional navigation

             and(並列)

     Hawaiian culture

 
[7] 2007年、ホクレア号はハワイからミクロネシア、そして日本への5ヶ月に渡る航海をすることになっていた。

 

[8] 私がミクロネシアから日本へのカヌーのメンバーとして要請されたときは誇りに感じた。

・honor「(名)名誉光栄

・the canoe = ホクレア号

 
[9] 2007年の1月にホクレア号は出発した。

・start out ~「出発する飛び出す

 

 


[10] 56日目にミクロネシアのサタワル島に到着した。


[11] 現地の人々は私たちを温かく迎えてくれた。

・People=サタワル島の人々 

 

[12] 彼らは「サタワル島へようこそ」と書いてある掲示を掲げてくれた。

say~と書いてある 

 

[13] そして我々は沖縄へと向かった。

・head for ~向かう目指す

 

[14] 私たちは北斗七星を見ることができた。

・be able to ~「~することができる

・Big Dipper「北斗七星

 

[15] 南十字星も見ることができた。

・Southern Cross「南十字星

 

[16] 220の星の動きについて精通することは我々に必要な1つのスキルだ。

・be familiar with~ 「~に精通している

・Being~220 stars までがこの文の主語

 

[17] 我々は波の動きを読むことや風向きの変化を読むことも学んだ。

・movement「動き運動態度

・direction「方向方角

 

[18] 私たちは沖縄に向かっている途中だ、ゆっくりだが着実に。

・on one's way to ~「~に向かう途中で

・steadily「(副)着実にしっかりと

 

以上がCROWN1 Lesson3-2 の和訳・単語・解説です。

このページを見ることで皆さんの英語力が上がることを祈って記事を書いています。

 

 

 

CROWN1 の続きは以下のページへ!!

www.jnzenryoku.work

 

 

CROWN1 の和訳・解説ページ一覧

www.jnzenryoku.work