かいぼーの全力和訳blog

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWN1 和訳と解説 LESSON3-3 単語リストや文構造など授業の予復習の為のページ

f:id:bio19base:20190615133011g:plain

 

高校1年生向け英語の教科書CROWN1『CROWN English Communication I』のLesson3-3 の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

単語リスト&解説は記事後半(和訳の後)にあります!

 

 

CROWN1 Lesson3-3 の本文和訳

 

Lesson 3   

  A Canoe Is an Island

 

Lesson 3-3

 

[1] ホクレア号の乗組員は忙しかった。

 

[2] 最も重要な仕事はカヌーを操縦することだった。


[3] 3つのチームが交代で行った。


[4] 私のチームは午前10時から午後2時までと、午後10時から午前2時まで働いていた。

 


[5] ある晩、海は非常に静かだった。

 

[6] その日の海は星が水面に映っているのが見えるほど静かだった。

 

[7] 私は甲板にたった1人でおり、とても平和だと感じた。

 

[8] 私はまたこの偉大な宇宙との強い繋がりも感じた。

 

[9] 私は小さなカヌー上の小さい人間だと感じた。

 

[10] しかし実際には私はその宇宙全体のうちの一部分なのだ。

 


[11] ミクロネシアを出発した後、私たちは大体2000キロメートルの距離を進んだ。

[12] 星や太陽や波が私たちを導いてくれた。

 

[13] 私たちが沖縄に近づくにつれて、私たちは1つの大きな家族なんだと感じた。

 

[14] ある朝のことだった。

 

[15] 「見て!何か見える!」と乗組員のうちの1人が叫んだ。

 

[16] それは沖縄の島だった。

 

 

[17] しかし私にとってその瞬間は1つの島どころではない意味を持っていた。

 

[18] 陸地、水、人々や他の生き物がこの広大な海の真ん中にあったのだ。

 

[19] それはまさに奇跡だった。

 

 

 

以上がCROWN1 Lesson3-3 の和訳です。

 

このページを見ることで皆さんの英語力が上がることを祈って記事を書いています。

特にこの下の読解のポイントは役に立つと思います!

 

 

CROWN1 Lesson3-3 の単語リストと解説

 

[1]

・文構造・

 

The crew members

   ↑( who were on the Hokulea )

were busy.

 

※( ) 内が主語を修飾する関係代名詞節

 

 

[2] steer 「(動)操縦する

 


[3] take turns 「交代で行う



[4] from A to B 「AからBまで

 


[5] exceptionally 「(副)非常に特別に

 

 calm 「(形)静かな穏やかな

 

 

[6] so ~ that ... 「とても~なので...だ

 

 reflection 「(名)反射

 

 

[7] deck 「(名)甲板



[8] feel connected to ~ 「~とつながりを感じる

 

 universe 「(名)宇宙全世界

 

 

[9] tiny 「(形)とても小さいちっぽけな

 

 

[10] The fact is that ~ 「実は~だ

 


[11] after ~ing 「~した後で

 

 distance 「(名)距離間隔

 


[12] guide 「(動)導く案内する

  例)I will guide you through this town.

              「私がこの町を案内します。

 

 

[13] as 「(接)~するにつれて

 

 get near ~ 「~に近づく

 

 felt → were

  時制の一致

 

 

[17] moment 「(名)一瞬瞬間

 

 more than ~ 「~以上の~どころではない

 

 

[19] truly 「(副)全く本当にまさに

 

 miracle 「(名)奇跡

 

 

 

CROWN1 の続きは以下のページへ!!

www.jnzenryoku.work

 

 

CROWN1 の和訳・解説ページ一覧

www.jnzenryoku.work