かいぼーの全力和訳blog

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWN1 LESSON6-2 和訳と解説 単語リストや文構造など授業の予復習の為のページ

f:id:bio19base:20200410134209g:plain

 

高校1年生向け英語の教科書CROWN1『CROWN English Communication I』のLesson6-2 の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

単語リスト&解説は記事後半(和訳の後)にあります!

 

 

CROWN1 Lesson6-2 の本文和訳

 

Lesson 6

  Roots & Shoots

 

Lesson 6-2

 

ケンジ

 

[1] あなたは野生のチンパンジーを観察しながら、たくさんのフィールドワークをしました。

 

[2] 彼ら(野生のチンパンジー)は何かしらの点で人間に似ているのですか?

 

 

ジェーン 

 

[3] チンパンジーとヒトはたくさんの共通点を持っています。

 

[4] ヒトとチンパンジーのDNAはわずか1%を上回るだけの違いだと現在では言われています。

 

[5] 彼らの脳は私たちのものと非常によく似ており、彼らの行動のほとんども我々のものにそっくりです。

 

[6] 私たちのように、彼らは子供時代にたくさんのことを学びます。

 

[7] チンパンジーの家族のメンバーは非常に親密で、しばしばお互いに助け合っています。


[8] 彼らは悲しみや幸せ、恐怖や怒りの感情を感じることができるのです。

 

 

ケンジ

 

[9] 彼らの性格はどうですか?

     というのはつまり、彼らは友好的ですか?

     それとも残酷ですか?

 

 

ジェーン

 

[10] 彼らは大抵の場合、互いに友好的ですが、ヒトのように残酷になることもあります。

 

 

ケンジ

 

[11] 本当ですか?

 

 

ジェーン

 

[12] オスは彼らの縄張りを見回りし、時には別のコミュニティから来たチンパンジーに攻撃することもあります。

 

[13] しかし彼らは非常に優しく愛情深いです。

 

[14] かつて、約3歳のメルと呼ばれていたチンパンジーが母親を失い、1人で残されてしまいました。

 

[15] 我々は皆、彼は死んでしまうだろうと思いました。

 

[16] しかし、驚いたことに、スピンドルと呼ばれていた12歳のオスのチンパンジーが彼(メル)の世話をしたのです。

 

 

ケンジ

 

[17] どんな方法だったんですか?

 

 

ジェーン

 

[18] 彼はメルを背中に乗せ、夜は彼の寝ぐらを一緒に使わせたのです。

 

[19] メルが求めれば、彼(スピンドル)の食べ物を分け与えているのを私はしばしば目にしました。

 

[20] チンパンジーは本当に愛情深く、思いやりがあるのです。

 

 

 

以上がCROWN1 Lesson6-2 の和訳です。

このページを見ることで皆さんの英語力が上がることを祈って記事を書いています。

特にこの下の読解のポイントは役に立つと思います!

 

 

CROWN1 Lesson6-2 の単語リストと解説

 

 

[1] fieldwork 「現地調査、野外作業

 

     observe  「観察する、よく見る

 

     この文章はobservingから始まる文章が分詞構文となっており、「~しながら…する」という付帯状況を表す文章になっています。

 

 

[2] in any way  どこか、何かしらの点で

 

    human beings  「ヒト、人間、人類

 

 

[3] have a lot in common   「共通点が多い

 

 

[4] chimp 「チンパンジー

 

     differ 「(動詞)違う、異なる

 

    a little   「少しの、わずかに

 

 

[5] much of ~  「~の多く

 

 

[6] childhood  「幼少時代、幼少期

 

 

[7] one another 「お互いに=each other

 

  この文章も often helping~ の部分が分詞構文

  前半文が原因として起こる結果を後半部(分詞構文)で説明している

 

 

[9] characters 性格、特徴

 

     I mean 「つまり、というのも

 

     cruel    「残酷な、冷酷な

 

 

[12] male   「男、オス

 

      patrol 「巡回、パトロール

 

     territory   「縄張り、テリトリー

 

     attack 「攻撃する

 

     community 「共同社会、集団

 

 

[13] loving  「愛情のある

 

 

[14] once 「かつて、一旦

 

 

[15] he’d = he would

   thought に対応する形で時制の一致

   he will → he would

 

 

[17] in what way? 「どうやって?、どんな方法で?

 

 

[18] let + O + 原形不定詞 「Oに〜させる、させてやる

 

     nest 「すみか、巣、寝ぐら

 

 

[20] indeed 「たしかに、実に、実際に

  

     caring 「思いやりがある

 

 

 

CROWN1 の続きは以下のページ

www.jnzenryoku.work

 

CROWN1 の和訳・解説ページ一覧

www.jnzenryoku.work