JNの全力勉強日記

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWNⅡ和訳と解説 LESSON1-3 単語リストや教科書解答など授業の予復習の為のページ

高校2年生向け英語の教科書『CROWN English Communication Ⅱ』のLesson1-3 の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

教科書一番下にあるの問題の解答も記事の最後に載せているので、定期テスト対策に是非活用してください!

 

単語リスト&解説は記事後半(和訳の後)にあります!

f:id:bio19base:20200406234436g:plain


 

 

非常に便利な教科書ガイドについての記事

www.jnzenryoku.work

 

CROWN Ⅱ の和訳一覧

www.jnzenryoku.work

  

CROWN Ⅱ Lesson1-3 の本文和訳

Lesson 1

Around the World on a Bike

 

Lesson 1-3

 

[1] 私の自転車旅の間、良い日も悪い日もありました。

 

[2] 私はいつもタイヤのパンクにあっていました、18回も!

 

[3] そして天気もしばしば問題でした。

 

[4] 人々は助けになりました、ただいつもではありません。

 

 

  

[5] ほとんどの日で私はテントに泊まりました。

 

[6] スペインでは来る日も来る日も雨でした。

 

[7] ある朝、私が起きた時、寝袋さえも全てが濡れていました。

 

[8] 私はホテルに移らなければなりませんでした。

 

 

[9] イギリスのケンブリッジで私が日記を書いていた時、誰かが私のテントに向かって石を投げ始めました。 

 

[10] 私は(その時)子供たちがアジア人を笑うような歌を歌っていたのを聞きました。

 

[11] それは人種差別だったのでしょうか、それともただの冗談だったのでしょうか。

 

[12] 私はイギリスに良い友達を持っているということを自分に思い出させ、怒らないことに決めました。

 

[13] しかしながら、それは暗い(憂鬱な)夜でした。

 

 

[14] フランスでは私は自分のパスポートを紛失しました。

 

[15] 幸運なことに、誠実な人たちが警察にそれを届けてくれました。

 

[16] 数日後、私はそれ(パスポート)を受け取ることが出来ました。

 

[17] その旅路の間、私は見知らぬ人の優しさにしばしば感銘を受けていました。

 

 

 

[18] イタリアのミランでは、私の荷物全てが盗まれてしまいました。

 

[19] とても悲しい気持ちになり、旅を止めることを考えさえもしました。

 

[20] その時は私は経験してきた全ての優しい行動を思い出し、(旅を)継続することを決めたのです。

 

 

[21] 私は26の国を訪れ、およそ20000キロの旅でした。

 

[22] 1980年の9月17日に私は無事に家に帰ったのです。

 

 

以上がCROWNⅡ Lesson1-3 の和訳です。

 

和訳は終了です!

このページを見ることで皆さんの英語力が上がることを祈って記事を書いています。

特にこの下の読解のポイントは役に立つと思います!

 

 

CROWN Ⅱ Lesson1-3 の単語リストと解説 

 

[2] flat 「パンクした

 

 

[4] helpful 「助けになる、役に立つ

 

 

[6] day after day 「来る日も来る日も、毎日

 

 

[7] wet 「濡れた、湿った

 

  sleeping bag 「寝袋

 

・文法知識・

 

everything は単数扱いなので続く動詞は was

everything were とはならない。

 

 

 

[9] Cambridge 「ケンブリッジ

  ※イギリス東部の州都

 

 

[10] make fun of ~ 「~をからかう

 

・文構造・

 

I heard kids

     (singing a song)

         [that seemed to make fun of Asians]

()内が kids を、[ ] 内が a song を修飾する。

 

 

[11] racial 「人種の

 

  discrimination 「差別

 

 

[13] dark 「暗い、憂鬱な

  ※今回は「憂鬱な」の方が適切かも...

 

 

[15] honest 「誠実な、正直な

 

   turn in ~ 「~を届ける

 

・語法・

 

turn in のような「動詞+前置詞」の複合動詞は、目的語が代名詞( itやhim )の時は「動詞+目的語+前置詞」の順になる。

 

例)turn it in to the police

        turn in my passport to the police

 

 

[17] stranger 「見知らぬ人、他人

 

 

[18] belonging 「持ち物

 

 

[19] even thought = even + think の過去形

  ※even though「~にも関わらず」に見えるが違うので注意!

 

 

[22] safe and sound 「無事に」 

 

 

CROWN Ⅱ Lesson1-3 教科書一番下の設問の解説

Q7 平田さんはいくつパンクしたタイヤを持っていましたか?

 →He had 18 flat tires.

 

Q8 平田さんがフランスでパスポートを失くした後、が起こりましたか?

 → He got it back a few days later.

 

Q9 平田さんはなぜイタリアで旅を止めることを考えましたか?

 →It is because all his belonging were stolen and he felt sad,.

 

※あくまで取り急ぎの解答です!

 間違ってたらごめんなさい🙇

 

 

今回はここまでです!

良かったらこの記事も読んでみてください!!

 

www.jnzenryoku.work

 

続きは以下のページへ

www.jnzenryoku.work