JNの全力勉強日記

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWN2 LESSON4-1 和訳と答え 単語リストや本文解説、解答など授業の予復習の為のページ

高校2年生向け英語の教科書『CROWN English Communication Ⅱ』のLesson4-1 の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

教科書一番下にあるの問題の答えも記事の最後に載せているので、定期テスト対策に是非活用してください!

 

単語リスト&解説は記事後半(和訳の後)にあります!

f:id:bio19base:20200508222411g:plain

CROWN2 LESSON4-1


 

 

非常に便利な教科書ガイドについての記事

www.jnzenryoku.work

 

CROWN 2 の和訳一覧

www.jnzenryoku.work

  

 

CROWN 2 Lesson4-1 の本文和訳

Lesson 4 

Crossing the Border

 

[1] 貫戸朋子医師は1993年にMSF(国境なき医師団)に参加しました。

 

[2] 彼女は、この国際ボランティアグループと共に現場で働いた最初の日本人でした。

 

[3] ここでは彼女が自身の経験について語っています。

 

 

 

 Lesson 4-1

 

 

[4] 日本で医師として約8年働いたのちに、私は更なる勉強のためにスイスへ行きました。

 

[5] そここそが1971年にフランスで設立されたNGOである、国境なき医師団に私が参加した場所でした。

 

[6] 国境なき医師団は戦争や災害の結果として病気になったりや怪我を負った世界中の人々を人種や宗教、政治に関係なく助けています。

 

 

[7] 私はそれまでずっと医師としてどのように人々の助けとなることが出来るかについて考えてきました。

 

[8] 私は異なる文化や場所を見てみたいと思っていました。

 

[9] 私は国境なき医師団について書かれた本を読んだことがありましたし、そこにお金を寄付している友人もいました。 

 

[10] 私はパリにある国境なき医師団の本部に、組織に参加したいという旨の手紙を送りました。

 

[11] 彼らはそれを承諾し、私は当時戦争が続いていたスリランカのマドゥー難民キャンプに派遣されました。

 

 

 

以上がCROWN2 Lesson4-1 の和訳です。

 

和訳は終了です!

このページを見ることで皆さんの英語力が上がることを祈って記事を書いています。

特にこの下の読解のポイントは役に立つと思います!

 

 

CROWN 2 Lesson4-1 の単語リストと解説 

 

[1] MSF 「国境なき医師団

 

 

[2] in the field 「現場で

 

 

[4] Switzerland 「スイス

 

 

[5] NGO 「非政府組織

 

  establish 「設立する

 

【重要文法】

 

It was there that I joined MSF, ...

強調構文と呼ばれる表現で「...なのは~だ」と訳せる

 例)It was my dream that I became a doctor.

   「医者になることが私の夢だった。

 

 

[6] injure 「ケガを負わせる

 

  disaster 「災害

 

  race 「人種

 

  religion 「宗教

 

  politics 「政治

 

 

[7] 

【重要文法】

 

I had been thinking about how ...

過去完了進行形の表現で

 「ずっと~してきた」と訳せる。

 何かの行為をずっと継続してきたことを示す表現。

 

 

[9] donate 「寄付する

 

 

[10] organization 「組織

 

 

[11] refugee 「難民

 

  fighting 「戦争、抗争

 

 

 

 

 

CROWN 2 Lesson4-1 教科書一番下の設問の解説

Q1 いつ、どこで国境なき医師団は設立されましたか?

 → It was established in France in 1971. 

 

Q2 国境なき医師団はどのような仕事をしていますか?

 → [6]の文がそのまま解答です。

 

※あくまで取り急ぎの解答です!

 間違ってたらごめんなさい🙇

 

 

今回はここまでです!

良かったらこの記事も読んでみてください!!

students.jnzenryoku.work

 

続きは以下のページへ

www.jnzenryoku.work