かいぼーの全力和訳blog

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWN2 LESSON9-4 和訳と答え 単語リストや本文解説、解答など授業の予復習の為のページ

f:id:bio19base:20200821000156g:plain

CROWN2 LESSON9-4

 

 

 

 

高校2年生向け英語の教科書CROWN2『CROWN English Communication Ⅱ』のLesson9-4 の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

教科書一番下にあるの問題の答えも記事の最後に載せているので、定期テスト対策に是非活用してください!

 

 

CROWN2 Lesson9-4 の本文和訳・単語・解説

Lesson9

The Long Voyage Home

 

Lesson 9-4

 

[1] 2010年の6月13日、土壌サンプルを含むカプセルは安全にオーストラリアの砂漠に着陸しました。

・day in and day out「毎日

 

[2] 「多くの人がハヤブサのプロジェクトは野心的過ぎて、多すぎるほどのリスクを抱えている」と言っていました。

【文構造】

Many people said

(that)the Hayabusa ...

and

that there were too...

※1つ目のthat節が省略されている為、文構造を捉えにくいが、and は that節同士を繋いでいる。

 

[3] 私はそれが事実であったことは分かっていますし、このプロジェクトの成功は沢山の幸運の結果であるということを認めなければなりません。

・admit 「認める

・the result of ~「〜の結果である

【文構造】

I knew it was true

and

I have to admit that

    the success of the project

    was

    the result of a lot of luck. 
※長いthat節があり読みにくいので注意。

 

 

 

[4]しかしながら私たちは高い目標を設定し、リスクを負うだけの準備がいつもずっとできていました。

 

[5] 長い距離を見たければ高い塔を建てなければなれないのです。

 

[6] もし私たちが必要な支援を得られるのであれば、私たちはすぐにでもハヤブサの20か30倍遠くに向かう新しい宇宙船に着手しているでしょう。」と川口氏は述べています。

・necessary 必要な

【重要文法】

we will soon be working on

→ 未来進行形

〜しているでしょう

例)If you meet him tomorrow morning, he will be eating breakfast. 
「もし明日の朝彼に会うなら、その時彼は朝ごはんを食べているでしょう。」

 

[7] 15〜16世紀には、金と香辛料を探すためにマゼランのような人々が東側へと航海に出ました。

・Magellan 「マゼラン

 ※大航海時代ポルトガルの探検家

・set out「〜を始める

・voyage 「航海

・spice 「香辛料

 

[8] 新たな知見と資源を求めて宇宙へと向かう「新しい探検の時代」に我々は今まさに入ろうとしていると川口氏は考えています。

・exploration 「探検、探索

・resource「資源

【文法】

be about to V

まさに〜しようとする

例)The summer is about to end. 
「夏が終わろうとしている」

 

[9] 川口氏は以下のように結論付けています。

「私たちはこの新しい時代のリーダーになりたいのです。

・conclude 「結論づける

【文法】

would like to V

〜したいと思う

≒ want to V

 

 

  

[10] 高い目標を設定することは大きな困難に直面することを意味しています。

 

[11] 私たちは強くなければなりませんし、良いチームワークを作らなければいけません。

・teamwork 「チームワーク

 

[12] 我々は困難や失敗のせいで落胆してはならないのです。

・discourage「落胆する

 

[13] ハヤブサの地球の写真を見ると、ハヤブサの声が聞こえてくるように感じます。

 

[14] 『諦めるな!

 

[15] 希望と自信を持って未来へと突き進め!』と。

・forward「進める

 

 以上がCROWN2 Lesson9-4 の和訳・単語・解説です。

このページを見ることで皆さんの英語力が上がることを祈って記事を書いています。

 

 

  

CROWN2 Lesson9-4 教科書一番下の設問の答え・解説

 ※あくまで取り急ぎの解答です!間違ってたらごめんなさい🙇

 

Q10 川口さんが「遠くを見たければ高い塔を建てなければなりません」と言ったとき、何を意味していましたか?

→ He means that to set high goals and to take risks are necessary to achieve something. 

 

Q11 川口さんは次に何をしたいと考えていますか?

→ He wants to work on a new spacecraft which will go 20 to 30 times farther than Hayabusa. 

 

Q12 川口さんは「新しい探検の時代」におけるリーダーになるために私たちがやらなければならないことは何だと述べていますか?

→ To be strong, to build good teamwork and not to get discouraged by trouble and failure.  

 

 

CROWN2 の続きは以下のページへ

www.jnzenryoku.work

 

 

CROWN2 の和訳・答え・解説一覧

www.jnzenryoku.work