かいぼーの全力和訳blog

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWN3 LESSON1 Before You Read 和訳と答え 単語リストや本文解説、解答など授業の予復習の為のページ

 

f:id:bio19base:20201209202240p:plain

CROWN3 Lesson1 Before You Read 和訳・解説

高校3年生向け英語の教科書CROWN3『CROWN English Communication Ⅲ』のLesson1 Before You Readの本文和訳とちょっとした解説になります。

教科書一番下にあるの問題の答えも記事の最後に載せているので、定期テスト対策に是非活用してください!

 

 

【関連記事】

 

CROWN3 Lesson1 Before You Read の本文和訳・単語・解説

 

Lesson1 

Life as a Journey

 

Before You Read

[1] 人生は旅であると言うとき、大体私たちはその言葉を比喩的な意味で理解します。

  • journey「
  • metaphorical「比喩的な

 

[2] しかしながら旅人として、自身の人生を本当に送った俳人がかつて存在しました。

 

[3] 実際のところ、彼は人生のうちに何度も長い旅を繰り返していたのです。

  • a number of...「沢山の…
  • time ※ここでは「回数」の意味

 

 

 

[4] そのような旅のうちの1つで、合計143日間をかけて、1767kmもの距離を回ったのです。

  • cover「踏破する、達成する

 

[5] 彼はどのように旅をしたのでしょうか?

 

[6] 車を運転したのでしょうか?

 

[7] 電車やバスに乗ったのでしょうか?

 

[8] いえ、彼の時代に公共交通機関は存在しませんでした。

  • in his time「彼の時代には
  • public transportation system 「公共交通機関

 

[9] その代わり彼はほとんどの場面で歩いていたのです。

  • instead「その代わりに

 

  

 

[10] 中年を迎えていた男性に関して言うまでもなく、若い人にとってもこのような(ほとんどを徒歩で行う)旅路は困難なものだったでしょう。

  • challenging 「挑戦的な、困難な
  • to say nothing of ~「〜について言うまでもなく
  • middle age「中年の

 

[11] それならばどうして彼は絶えず旅に出たのでしょうか?

  • constantly 「継続的に、絶えず

 

[12] 何が彼をそうさせたのでしょうか?

【文法知識】

make him do it

使役動詞のmake

「〇〇に〜させる」

 

[13] その俳人とは松尾芭蕉なのです。

【読解ポイント】

言うまでもなく、この文章で何度も登場する he や him は松尾芭蕉のことを表しています。

言うまでもなく…つまり to say nothing of ですね🤔

 

以上がCROWN3 Lesson1 Before You Read の和訳・単語・解説です。

教科書の穴埋め問題の解答やLesson1の和訳記事の続きはこの下にあります。

 

CROWN3 Lesson1 Before You Readの穴埋め問題の答え・解説

Fill in the blanks with the words in bold type above.という穴埋め部分の解答です。()内に入る単語を上から順に並べてあります。

  • cover
  • journey
  • poet
  • challenging
  • transportation

 

※あくまで取り急ぎの解答です!間違ってたらごめんなさい🙇

CROWN1やCROWN2の和訳、解説ページもこれまで書いてきましたが、CROWN3は流石に文章量が多いですね…。文章量の違いから各Lessonの和訳記事が複数ページに渡ることになると思いますが、分かりやすい解説記事を書けるよう頑張りますので是非参考にしてください🙇‍♂️

 

CROWN3 Lesson1-1(前半)の和訳

www.jnzenryoku.work

 

 

  

 

CROWN3 各Lesson の和訳・答え・解説一覧

www.jnzenryoku.work