かいぼーの全力和訳blog

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWN3 Lesson3-2(前半) 和訳と答え 単語リストや本文解説、解答など授業の予復習の為のページ

 

f:id:bio19base:20210209232720p:plain

CROWN3 Lesson3-2(前半)

 

高校3年生向け英語の教科書CROWN3『CROWN English Communication Ⅲ』のLesson3-2(前半)の本文和訳とちょっとした解説になります。

後半部の和訳と教科書一番下にある問題の答えは記事の最後にあるリンクからどうぞ!

 

 

【関連記事】

(Comming soon...)

 

CROWN3 Lesson3-2(前半) 本文和訳・単語・解説

 

Lesson3

Captured by Art

 

Lesson3-2

 

[1] 西野達氏は1960年生まれで名古屋出身の日本人インスタレーション芸術家です。

  • Tatzu Nishi「西野達さん

 

[2] 彼はベルリンと東京で生活、仕事をしています。

  • Berlin 「ベルリン(都市名)

 

[3] マーク・ジェンキンス氏と同じように、私たちを驚かせるようなインスタレーションアートを生み出しています。

  • startle 「びっくりさせる、驚かせる

 

 

 

[4] 通常ならあまりに普通過ぎて見ることすらしないような物と場所に対する新鮮な見方を我々に与えるべく、西野氏は大きさと距離感をインスタレーションアートに利用します。

  • perspective「見方、考え方

【文構造】

Nishi uses size

                  and

                  distance in his installations

to give ~ perspective on things

                                        and

                                       places

(which we ~ so ordinary. )

  • 文中に存在する「2つのand」が何と何を並列させているのかに気づかないと和訳が変な文になってしまうので要注意。
  • 比較的読み取りにくい後半のandに関しては、前後の名詞がどちらも複数形であることに注目すると、並列関係にあると気づくことができる。
  • 後半のwhich節は「thingsとplaces」を修飾する関係詞節になっている。

 

[5] 芸術家として、西野氏は環境を再構築するだけではなく、彼自身をも再構築しています。

  • re-create「再創造する、改造する

 

[6] 例えば、Tatzu Nishi というのは彼の名前のうちの1つにすぎません。

 

[7] 「私は何度か名前を変えてきています。」と彼は言います。

 

[8] 「今この瞬間は、私はTatzu Nishi ですが、Tazro Niscino や Tatsurou Bashi 、Tatzu Oozu といった名前でも仕事をしていました。

  • operate「仕事をする

 

[9] 私は約2年ごとに自分の名前を変えているのです。」

  • (数値など…)or so「…ほど、およそ…

 

 

 

[10] 西野氏のインスタレーションアートはしばしば公的なモニュメントの周りに建てられた部屋として存在することもあります。

  • monument「記念碑、モニュメント

【文構造】

Nishi's installations →主語(S)

are (often)               →動詞(V)

rooms                     →補語(C)

↑(built around public monuments. )

過去分詞によって rooms が修飾されている。

 

[11] その結果としては2つの面があります。

  • twofold 「2部分の、2倍の」

 

[12] ある点では、即席モニュメントが私的な空間(=部屋の中)に出現するという点があり、もう一面では、有名なモニュメントが新たな建築物の中に消えてしまうという面もあります。

  • instant「即席、瞬間
  • private 「私的な、個人の

 

[13] この部屋の中では、公開されているものから私的なものへというめざましい変化が、魅惑的にも不気味にも感じられる彫刻との出会いを生み出すのです。

  • within「〜の範囲内で、中に
  • dramatic 「劇的な、めざましい
  • shift「変化、転換
  • encounter「出会い、遭遇
  • uncanny「不気味な、神秘的な、奇怪な

【文構造】

this distance shift

↑(from public to private)

creates

an encounter 

↑(with the sculpture

  ↑(that viewers ~ uncanny.)

  • ()内は下線部の語を修飾している。
  • 文の動詞を見つけることが大切で、この文では creates という形で3人称単数の「s」が付いている点に注目すると動詞を見つけやすい。

 

以上がCROWN3 Lesson3-2(前半) の和訳・単語・解説です。

CROWN1やCROWN2との文章量の違いから各Lessonの和訳記事が複数ページに渡ることになると思いますが、分かりやすい解説記事を書けるよう頑張りますので是非参考にしてください🙇‍♂️

 

 

   

不明点があればコメント欄や私かいぼーのTwitterアカウントに質問してみてください!(英語に関係ない質問でもウェルカムです!)

 

 

CROWN3 Lesson3-2(後半)の和訳と答え

www.jnzenryoku.work

 

CROWN3 各Lesson の和訳・答え・解説一覧

www.jnzenryoku.work