JNの全力勉強日記

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWNⅠ和訳・解説【コミュ英Ⅰ】LESSON9-1 単語リストも掲載!

高校1年生向け英語の教科書『CROWN English Communication I』のLesson9-1の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

単語リスト&解説は記事後半(和訳の後)にあります!

f:id:bio19base:20191020234256g:plain



 便利な教科書ガイドについての記事

www.jnzenryoku.work

 

CROWNⅠの和訳一覧 

www.jnzenryoku.work

 

 本文和訳

Lesson 9  

  Crossing the "Uncany Valley"

 

[1] アンドロイドとは人のような見た目をしたロボットです。

 

[2] 我々は大抵アンドロイドを映画の中で見かけます。

 

[3] しかしながら、今や彼らは我々の日常生活の一部となってきているのです。

 

Lesson 9-1

 

[4] 「さよなら」と呼ばれる劇が小さな劇場で行われています。

  

[5] 2人の女性の演者が互いに語り合っています。


[6] 彼女らのうちの一方は深刻な病気によって苦しんでいる若い女性です。

 

[7] もう片方は、病気の女性と一緒にいさせるために、その家族が雇った(導入した)アンドロイドです。


[8] それ(アンドロイド)は、その女性を安心させるために詞を次から次へと読んでいます。

 

 

[9] その劇場にいる人々(=観客)は演者のうちの一方がアンドロイドだということを知っています。

 

[10] それ(アンドロイド)は、もう片方の演者によって遠隔操作されているのです。

 

[11] それ(アンドロイド)は本物の人の声で話し、その動きは人に似ているのです。

 

 

[12] 劇が進行するにつれて、その劇場の中の人々は演技にすっかり夢中になるので、彼らがアンドロイドを見ているということを忘れ始めてしまう。

 

[13] とてもリアルなので、劇の終わりまで何の疑問もなく彼ら(=観客)は受け入れているようだ。

 

[14] その劇は観客からの拍手と共に幕を閉じます。

 

 

[15] では一体誰がこのアンドロイドを作ったのでしょうか? 

 

 

以上がCROWNⅠ Lesson9-1の和訳です。

 

代名詞の "it" が多く含まれている文章だったので、何を指示しているのかを追いながら読んでいくことが大切です。

 

特に今回は「アンドロイド」という人と物の中間のような存在が題材になっていたので人称代名詞の区別に要注意です!

 

 

 

単語リスト&ポイント 

[タイトル]

 uncanny

 「奇妙な、神秘的な

 

 valley

 「谷、盆地

 

[3] part of ~

 「~の一部

 

 everyday life は直訳すると「毎日の生活」だが日常生活」と訳した方が自然 

 

[4] play

 「劇、芝居、演劇

 

  go on 

 「続く、行われる

 

[6] suffer from ~

 「~に苦しむ、悩まされる

 

 serious

 「真面目な、深刻な、重大な

 

[7] hire

 「雇う、借りる

 

 to keep her company は目的を表す不定詞の副詞的用法

 「【彼女と一緒にいさせるために】→雇った」という形で動詞を修飾する

 

[8] one ~ after another 

 「次から次の~を

 

 comfort

 「慰める、楽にする

 

[10] remotely

 「遠く、間接的に

 

[11] humanlike 

 「人間的、人間のような

 

[12]  As the play ...の "As" は~するにつれてという意味。

 

 so ~ that ...

 「とても~なので...する

 

 absorbed

 「夢中になった、没頭した

 

[13] accept

 「受け入れる

 

 without question

 「疑いなく、疑問なく、違和感なく

 

[14] applause

 「拍手喝采、称賛

 

 audience

 「観客、聴衆

 

↓文法のインプットとアウトプットがこの一冊で!

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

 

 

zen.jnzenryoku.work

 

続きは以下のページへ!!

www.jnzenryoku.work