JNの全力勉強日記

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWNⅠ和訳・解説【コミュ英Ⅰ】LESSON9-3 単語リストも掲載!

高校1年生向け英語の教科書『CROWN English Communication I』のLesson9-3の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

単語リスト&解説は記事後半(和訳の後)にあります!

f:id:bio19base:20191022115019g:plain
 

 便利な教科書ガイドについての記事

www.jnzenryoku.work

 

CROWNⅠの和訳一覧 

www.jnzenryoku.work

 

 本文和訳

Lesson 9  

  Crossing the "Uncany Valley"

 

 

Lesson 9-3

 

[1] 完全に人間のように見えるアンドロイドを作ることにおいて、石黒さんは2つのステップがあると確信しています。

 

[2] 第一に、表情や体の動きといった人間の典型的な特徴を捉えなければなりません。

 

[3] 第二に、人の発話や動きをアンドロイドに伝えるための遠隔操作装置が必要です。

 

[4] これらがアンドロイドを人間のような見た目にし、発話させることになると石黒さんは考えています。

 

  

[5] 石黒さんは時々、ジェミノイドHIを海外の会議に送るよう依頼されることがあります。


[6] 彼は日本にいながら、彼のコンピューターを用いてジェミノイドHIを遠隔操作します。

 

[7] ジェミノイドHIが話すとき、人々は本当に石黒さんがそこにいるかのように感じるのです。

 


[8] どうして石黒さんは、そのようなアンドロイドを作ることに一生懸命に取り組むのでしょうか。

 

[9] 人間のようには見えないロボットが多数存在し、それでもそれらのロボットは我々に多くの便利な恩恵をもたらしてくれます。

 

[10] お掃除ロボットを例に考えてみてください。

 

[11] とすれば、どうしてヒト型のロボットなのでしょうか。

 

 

[12] 石黒さんがアンドロイドを作る理由は、人間であることが何を意味するのかを発見するためです。

 

[13] 実際、アンドロイドが彼(=石黒さん)に面白いことを教えてくれています。

 

[14] 誰かがアンドロイドに触れた時、捜査をしている人もその感覚を感じたのです。

 

[15] このような経験は我々に脳がどのように働いているのかということを教えてくれます。

  

[16] 彼(=石黒さん)の研究は人間の本質を見るための新しい方法として見ることができると、石黒さんは信じています。

 

以上がCROWNⅠ Lesson9-3の和訳です。

 

それぞれの文章自体は短いものが多かったので比較的読みやすかったのではないでしょうか?

 

並列関係にある単語などを明確にして、各文章の動詞を見極めることができれば意味を掴みやすいかと思います。

 

 

 

 

単語リスト&ポイント 

 

[1] in ~ing 「~するとき、~する際

 

  androids ←[which will look fully human.] 

  という形で修飾する関係代名詞whichが使われた表現

 

 

[2] capture 「とらえる

 

  typical 「典型的な

 

  characteristics 「特徴

 

  expression 「表情

 

 

[3] transfer 「移す、模写する

 

 

[4] lead to ~ 「~に通じる

 

 

[5] conference 「会議、協議会

 

 

[6] through ~ 「~を通じて

  ここでの through は前置詞なので直後には名詞が配置される

  前置詞の後ろには必ず名詞が置かれるというルールは覚えておくべき!

 

[7] actually 「実際に、本当に

 

 

[10] take ~ , for example 「~を例にとる」 

 

 

[12]

Ishiguro's reason for creating androids  →主語(S)

       is                      →動詞(V)

to discover what it means to be human →補語(C)

 

  長い文もSVCの文型として読解できる

 

 

[14] operator 「操作員、運転者

 

 

[15]

This kind of experience →主語(S)

          can teach            →動詞(V)

               us                   →目的語(O)

   how our brain works.  目的語(O)

 

 

 

[16] research 「研究、調査

 

↓自身もこの一冊をメインに国立大合格を果たしました!

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 

 

続きは以下のページへ!!

www.jnzenryoku.work