JNの全力勉強日記

塾講師のアルバイトをしている大学生による勉強応援ブログです!

CROWNⅠ和訳・解説【コミュ英Ⅰ】LESSON10-2 単語リストも掲載!

高校1年生向け英語の教科書『CROWN English Communication I』のLesson10-2の本文和訳とちょっとした解説になります。

 

単語リスト&解説は記事後半(和訳の後)にあります!

f:id:bio19base:20191107234741g:plain



 

 便利な教科書ガイドについての記事

www.jnzenryoku.work

 

CROWNⅠの和訳一覧 

www.jnzenryoku.work

 

 本文和訳

Lesson 10  

  Good Ol' Charlie Brown

 

Lesson 10-2

 

[1] それは父の日の出来事で、バイオレットは彼女の父親について話しています。

 

[2] 彼女(=バイオレット)はチャーリー・ブラウンに対し、彼女の父親の方がチャーリー・ブラウンの父親に比べてお金持ちであり、運動神経も良いと話します。

 

[3] チャーリー・ブラウンは言うべきことがほとんどありませんでした。

 

[4] 彼(=チャーリー・ブラウン)は彼の父親が営んでいる理髪店に来るよう彼女(=バイオレット)に対して頼むだけでした。

  

[5] 彼(=チャーリー・ブラウン)は彼女(=バイオレット)に対して、彼の父親はたとえどんなに忙しくても、いつも微笑んでくれるための時間を作ってくれるということを話し、それは彼の父親が彼(=チャーリー・ブラウン)を愛しているからだと説明しました。


[6] バイオレットは他に言うことがありませんでした。 

 

[7] ただただ彼女は歩き去ってしまうだけです。


[8]彼女の父親の財力や運動能力は、その父親の息子に対する純粋な愛情に勝ることができなかったのです。

 

 

[9] 多くの Peanuts のエピソードは家庭生活の、このしょうな心温まる側面に注目しています。

  

[10] Peanuts を生み出した漫画家であるチャールズ・M・シュルツは、漫画に彼の幼少期の出来事や人物を取り入れています。

 

[11] そしてこれこそが Peanuts という漫画が世界中の人々の間で人気であることの理由の1つなのかもしれません。

 

以上がCROWNⅠ Lesson10-2の和訳です。

 

文章は短く読みやすかったかと思います。

ただ、he と she が何度も出てきたので、この文章中での登場人物の関係性を見失わないように注意して読み進めましょう!

 

 

 

単語リスト&ポイント 

 

[1] father's day 「父の日

 

 

[2]

~文構造の確認~

She

tells

Charlie Brown 

  that he is richer than Charlie Brown's dad,

       and (前後のthat節は並列関係)

  that he is better at sports.

 

 

[3] little 「少ししかない、ほとんどない

 

 

[4] barbershop 「理髪店、床屋

 

 

[5] no matter how ~ 「たとえどんなに~でも

 

 

[7] walk away 「歩き去る、立ち去る

 

 

[8] athletic 「競技の、体育の、運動の

 

  ability 「能力、才能

 

  compete with ~ 「~に太刀打ちする、勝る

 

 

[9] focus on ~ 「注目する、焦点を当てる

 

  heart-warming 「心温まる

 

  aspect 「側面、角度

 

[10]

~文構造~

Charles M. Schulz,  (= the cartoonist ~ Peanuts,)

put

people and incidents

    ↑ ( from his childhood)

into his cartoons.

 

  put ~ into ... 「~を...に取り入れる

 

  incident 「出来事、小事件

 

 

 

↓長文のスピードを上げるには練習あるのみ!

やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)

 
やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

 
やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

 

 

続きは以下のページへ!!

www.jnzenryoku.work